食品および飲料

PT Aneka Boga Nusantara は インドネシア消費者の需要の発展と改善に対応して設立されました。同社は、味元グループインドネシアの研究開発によって開発された独創的な食品および飲料製品の生産に専念しており、顧客の需要を生み出す、または提供するための革新を止めることはありません。

最初は、Mama Suka(ママスカ)調味料のみを生産するところから始まりました。この商品は、独特の味わいで市場(消費者)に受け入れられています。そのため、同社は、バクワン小麦粉、バナナフリッター小麦粉、調味料小麦粉、マヨネーズ、インドネシア料理のインスタント調味料のいくつかの種類などを追加しました。これらすべてがMama Sukaを使用しています。

Mama Sukaは、2001年からインドネシアの家族に心をこめて提供してきました。美味しさだけでなく、美味しい料理で暮らしを考えた調味料や食材を選んでいます。母親の愛情を反映する最良の選択は、家族への完全な愛を示します。

Mama Sukaはインスタント調味料の最高のブランドの一つです。Mama Sukaはインドネシアに40年以上存在している味元グループの一員です。良質なブランドとしてのMama Sukaの存在は、商品のバラエティーまたは種類に富み、即席香辛料や調味料業界の競争においてMama Sukaの存在を支えていく基盤となります。Mama Sukaはインドネシア市場で有名なブランドです。インスタント香辛料または調味料業界の競争において、Mama Sukaは市場ターゲットの中心に立つことに成功しました。Mama Sukaは事業を拡大し続け、さまざまな革新を起こしています。